初心者向けFXの始め方│今からFX投資を始めたい人へ

初心者向けFXの始め方│今からFX投資を始めたい人へ

サラリーマンや主婦、大学生でも副業や趣味として始めているFX。このページでは、初歩的なところから「FX」について丸ごと分かるように、取引に必要な基礎知識を分かりやすく解説していきます。

こんな人に向けて書きました
  • 投資に興味がある人
  • 副業に興味がある人
  • FXに興味がある人
  • どこのFX会社を選べばいいか分からない人
一目で分かる「FXとは」

【例1】
1ドル100円で買う→1ドル110円で売る=20円幅の利益
【例2】
1ドル100円で売る→1ドル80円で買う=20円幅の利益

  • FXは通貨の売り買い
  • スマホだけで取引できる
  • 数千円〜1万円からでOK
  • 少額でも大きな利益を狙える

前提として

FXのリスクを理解しておこう

FXは少額資金から始めることができる投資として優秀で、上手くいけば多額の利益を得ることもできます。

しかし、パチンコや競馬のように射幸性の高い投資であることは事実で、失敗してのめり込んでしまい、感情的なトレードをした末に資金を大きく失う人もいます。

私もビットコインFXで3桁万円の損失を出したことがあります。
ムキになって損失を取り返そうとするのは絶対にやめましょう、、

これから始める人には「追加入金はしない」「負け越していてもムキにならない」「○○円損失が出たらその日はやめる」などと自分でルール決めをし、極力リスクを避けるやり方で取り組んでほしいです。

当サイトで紹介するGEMFOREXやFXGTなどの海外FXはゼロカットシステムがあるので、証拠金マイナスで借金を負うリスクはありません。また、これらのFX会社は口座開設で1万円や2万円のボーナスがもらえるキャンペーンも実施しているので、文字通りノーリスクで始めることもできます。

FX=通貨の交換

FX=通貨の交換

FXとは、「Foreign Exchange」の略称で、「外国為替取引」のことを指します。

日々刻一刻と変わる通貨の価値変動を利用して、売り買いの差益を狙って取引します。

FXは通貨の売り買い

例えばハワイに海外旅行にいくとき、日本円から米ドルに両替しますよね。

この異なる通貨に両替する行為がまさに外国為替取引です。

米ドルだけでなく、ユーロ、ポンド、ウォンなど世界中にはたくさんの法定通貨がありますが、それぞれを買ったり売ったりすることを外国為替取引といいます。

仮に1ドル=100円として、10,000ドル分交換しようとすると、日本円で100万円が必要となります。

100万円を10,000ドルに両替することは、100万円で10,000ドルを買うことと同じで、通貨同士の交換なのでややこしいですがお金も商品もやっていることは変わりません。

「FX」もやっていることはこれと同じで、基本的には「通貨を買ったり売ったり」する行為です。

証拠金取引は資金効率が良い

証拠金取引は資金効率が良い

FXの最大のメリットは、数千円くらいの少額資金で投資をスタートできることです。

FXには「レバレッジ」というものがあり、預け入れた資金(証拠金)を担保に大きなお金の取引ができる仕組みになっています。

レバレッジはテコの原理

例えば、レバレッジ25倍のFX会社で100万円分の取引をするためには、100万円を預け入れる必要はなく、証拠金4万円を預け入れることで25倍の100万円分の取引をすることができます。
この場合は、証拠金が4万円を切ると取引ができません。

FXの最大のメリットはこの資金効率の良さです。

少しの資金で大きな利益を得ることができるので現物の株式投資や投資信託と違った魅力があります。

レバレッジ取引の注意点

レバレッジ取引の注意点

FXは、少ない資金で大きな利益を得ることもできる魅力がありますが、取引のしかたによっては大きな損失を被る可能性もあるハイリスクハイリターン商品です。リスクを十分に理解して、生活に支障のない余裕資金で取引しましょう。

6割のトレーダーが成功している

6割のトレーダーが成功している
一般社団法人 金融先物取引業協会

金融先物取引業協会の金融リテラシーに関する実態調査によると、「外国為替証拠金取引(FX)による昨年の利益額(損失額)はいくらだったか」という質問に対して「利益を出している」と回答したのは全体の60%を超えていました。

「FXは難しい」「ほとんどの人は勝てない」というイメージを持っている人もいますが、正しく勉強して取引すればFXはじゅうぶんに勝てることが分かります。

売り買いの差で稼ぐ

売り買いの差で稼ぐ

テレビやネットのニュースで毎日「1ドルあたり105円20銭で取引されています」などと聞くと思いますが、これはそのときの通貨の交換レートのことです。

通貨の交換レートはリアルタイム24時間常に変動しており、FXはこの交換レートの価格変動を利用して利益を出します。

例えば、「これからドルは上がる」と予想して1ドル=100円のときにドルを買った(ロング)とします。しばらくして予想通りドルが上昇し、1ドル=110円になったときに売れば差額の「10円」が利益です。仮にレバレッジを効かせて100万円分(1万ドル)を買っていれば、利益は「10万円」になります。

反対に、「これからドルは下がる」と予想する場合はどうでしょう。

売りからも入れる

FXでは、「売り」からでも取引(ショート)することができます。1ドル=110円のときにドルを売り、予想通りドルが下落し、1ドル=100円になったときに買い戻せば差額の「10円」が利益です。

実際には取引手数料がかかるので差額まるまる利益になるわけではありませんが、「FXは買いから売りからも入ることができる」ことは大切なので覚えておきましょう。

FXにはいくら資金が必要か

FXにはいくら資金が必要か
最低限必要な資金

それでは実際にFXをはじめるには、どれくらいの資金が必要なのでしょうか。

FX取引は1万通貨が基本的な取引単位になります。

1万通貨とは、米ドルなら1万米ドル、ユーロなら1万ユーロ、ポンドなら1万ポンドです。米ドルは1ドル=100円前後で推移していますので、だいたい100万円くらいが取引単位です。しかし、100万円を用意する必要はありません。

先述の「レバレッジ」の仕組みを用いれば、例えばレバレッジ25倍なら100万円の4%=40,000円の証拠金があれば取引することができます。

海外取引所であればレバレッジ100倍〜1,000倍で取引できるところもありますので、少なければ数千円程度で始めることができるんですね。

自動売買ツールの詐欺に注意

自動売買ツールの詐欺に注意

「このツールを買えば練習しなくても自動的に利益が出ます。」

「FXで必ず勝てる手法を教えます。」

このような謳い文句で初心者を対象に有料ツールや情報商材を売りつける商法がたくさんあります。

楽して稼げるという言葉はとても魅力的ですが、こういったツールや情報商材の大半は初心者からお金を回収するための粗悪なツールで、とても利益が出るようなものではないというケースが多いです。

スポーツでも仕事でもゲームでも、買えばそれだけで成功する魔法のようなアイテムはありません。

それはFXでも同様で、もし本当に利益の出るツールなら、そのツールはごく一部の人たちで利用され、あなたのところには情報すら届かないはずです。

FXはコツコツと練習して自分自身のトレード技術の向上を目指しましょう。

FXのはじめ方はカンタン

FXのはじめ方はカンタン

1.FX会社を選ぶ

海外FXおすすめランキング

GEMFOREX(ゲムフォレックス)

GEMFOREX(ゲムフォレックス)
  • ニュージーランドFSPの金融業者登録
  • 日本語サポート完全対応
  • MetaTrader4に対応
  • 追証なし
  • 最大レバレッジ1000倍
  • ロスカット維持率20%
  • スキャルピングOK
  • 自動売買ツール使い放題
  • 定期的な口座開設・入金ボーナスキャンペーンを実施

FXGT

FXGT
  • セーシェル金融庁(SC:FSA)の金融ライセンス取得
  • 日本語サポート完全対応
  • MetaTrader5に対応
  • 追証なし
  • 最大レバレッジ500倍
  • ロスカット維持率50%
  • スキャルピングOK
  • 定期的な口座開設・入金ボーナスキャンペーンを実施
  • 暗号資産(仮想通貨)の入金対応
  • ビットコインやイーサリアム、リップルが取引可能
  • BTCも為替も同じ口座でOK

XMTrading(エックスエム)

XMTrading(エックスエム)
  • セーシェル金融庁(SC:FSA)の金融ライセンス取得
  • 日本語サポート完全対応
  • MetaTrader4に対応
  • 追証なし
  • 最大レバレッジ888倍
  • ロスカット維持率20%
  • スキャルピングOK
  • 口座開設で3000円のボーナス・入金ボーナス実施
  • 10年以上の運営実績
  • 日本で人気No.1の取引所

利用するFX会社は慎重に選ぶ必要があります。レバレッジやロスカット基準、取引のプラットフォームや手数料体系などあらゆる項目で取引所による個性が出るからです。

ノマログFXでは、メリットの多い海外FXを紹介していますが、海外FXを利用するメリット・デメリットは以下のとおりです。

海外FXのメリット
  • 口座開設が早い
  • ハイレバレッジ、少額資金で取引可能
  • MT4やMT5などの人気ツールが使える
  • ゼロカットにより借金リスクが無い
  • ロスカット基準が低い
  • スキャルピングできる取引会社が多い
海外FXのデメリット
  • 変動スプレッドで国内よりも手数料が高い傾向にある
  • 海外の会社なので情報が少ない
  • 信託保全が義務化されていない
  • 稼げる人には国内FXよりも税制が不利

海外FXではハイレバレッジの少額資金で短期集中でトレードし、利益を狙う使い方が一般的です。

ゼロカットシステムにより仮に相場が急変動してロスカットが間に合わなくても、借金を背負うリスクはありません。

取引に使うアプリについては、国内FXは独自のツールを提供している場合が多いのですが、海外FXでは人気ツール「MetaTrader4(MT4)」や「MetaTrader5(MT5)」をほとんどのFX会社で利用することができます。

MT4やMT5に慣れてしまえば、他の海外FX会社に乗り換えても全く同じ使用感でトレードを続けることができるのも特徴的です。

金融庁・関東財務局の警告

日本の金融庁や関東財務局は海外FX会社に警告を出し、それをリスト化してホームページなどに掲載しています。ノマログFXで掲載している海外FX会社もリストに記載されているものがあります。

これは、過去に悪質なバイナリーオプションやFXの海外業者を利用した人がトラブルに遭い、苦情が殺到したことをきっかけに対応したものです。

この警告は「日本の金融庁に登録していないのに日本語サポートや日本語対応している事実のある会社」をリストアップしたもので、悪質業者のブラックリストというわけではありません。

そのため、掲載されている海外FXで取引をすること自体は全く問題有りません。

日本の金融庁は「金融庁の認可を受けていない金融商品を利用してトラブルが起きたときのために事前に警告している」立場であり、問題が発生したとしても自己責任となってしまうのは事実です。

利用する海外FX会社選びは慎重におこない、入出金もこまめにして万が一のトラブルに巻き込まれたときも損失を最小限に抑えるような資金管理をしておきましょう。

実際に口座開設をして各海外FX会社をレビューしているので、気になる会社をチェックしてみてください。

2.口座開設する

利用するFX会社が決まったら口座開設をします。国内FXのように郵送による住所確認が不要なため、海外FXは約5分あれば登録が完了しますよ。

口座開設から取引までの流れ
  1. 名前や住所など情報を入力
  2. 届いたメールを確認する
  3. 本人確認書類の提出をする
  4. 入金する
  5. MT4/MT5をインストールして取引開始

本人確認書類の提出はスマホで撮影した運転免許証やマイナンバーカードをアップロードすればOKです。

3.入金する

日本円で入金

口座開設が完了したら、FX口座に入金します。海外FX会社であっても日本円で入金・出金できるので安心してくださいね。

海外FXだとレバレッジは100倍以上が当たり前なので、はじめは少額からはじめるのをおすすめします。1万円くらいからはじめて、慣れていたら資金を大きくしていくのが良いですよ。

4.MT4/MT5の設定

FX口座に入金が反映されたら取引できるようになります。

XMTradingやGEMFOREXなどの海外FXではMT4(またはMT5)というアプリを使って取引することが多いので、このアプリをインストールしておきましょう。

アプリをインストール
MetaTrader 4
MetaTrader 4
開発元:MetaQuotes Software Corp.
無料
posted withアプリーチ
MetaTrader 5
MetaTrader 5
開発元:MetaQuotes Software Corp.
無料
posted withアプリーチ

他の海外FX会社を利用する際もMT4かMT5に慣れておけばすぐに移行できますよ

FX口座を開設したときに受け取っているログインIDとパスワードでアプリからログインしてみましょう。

トレードを始める前に知っておきたいこと

FXのトレード手法の違い

FXには3つのトレードスタイル(トレード手法)があり、時間軸がそれぞれ全く違います。

以下の記事でトレードスタイルについて解説しています。

注文方法の種類

FXには「今の価格でとにかく成立させて!」(成行注文)という注文以外にもいくつかの注文方法があります。

以下の記事でFXの注文方法について解説しています。

FXトレードの分析手法

FXトレードで利益を得るためには、テクニカル分析とファンダメンタルズ分析を勉強する必要があります。

以下の記事で2つの分析手法について解説しています。