サイトデザイン

【SANGO/JINカスタマイズ】for menでカスタマイズすると自分のサイトがもっと好きになります

SANGOやJINのカスタマイズが掲載されているサイト「for men」を(勝手に)ご紹介します。

正直、SANGOのカスタマイズは、専用子テーマ「PORIPU」のまっさーさんと、「for men」のくまさんがいれば十分です。

他のサイトとちょっと違うデザインにしたい方はチェックしてみてください。

私はFANBOXで支援してます。

くまさんファンカード

くまさんのカスタマイズは「for men」で無料公開されていますが、FANBOXで支援すると、カスタマイズの先行配信や、サイトへのリンク設置などの特典があります。

カズト
カズト
日頃お世話になっているので宣伝しておきます!

1ヶ月100円から応援可能で、私は月420円の支援を昨年12月から継続しています。先行配信のカスタマイズがいちいちツボを刺激してくるので、カスタマイズ好きな方なら金額以上の価値があると思います。

くまさんの活動継続のためにも、カスタマイズを借りている方は少しでも応援してほしいです!

SANGOのカスタマイズ

私がもう1つ運営している「仮想通貨ブログ」では、for menのくまさんのカスタマイズをいくつも参考にしています。

カズト
カズト
SANGOもJINも人気のテーマですが、利用者が多いので他のサイトとデザインが寄ってしまうことが多々あります。

くまさんのカスタマイズは、ちょっとだけSANGO(JIN)っぽくないデザインに変えられるのが魅力です。

ここからは、私が実際に使っているカスタマイズを紹介します。

サイト内検索をフラット化

SANGO標準の検索フォーム

SANGO標準機能の「サイト内検索」はこんな感じです。

Googleの推奨するマテリアルデザインのガイドラインに沿った、少し立体感のあるかわいい検索フォームです。

サイト内検索をフラットに

標準のままでも良いのですが、私は「フラットデザイン」寄りのサイトにしたかったので、くまさんのカスタマイズを借りて「影」をオフにしました。

検索フォーム以外のサイドバーウィジェットはもともとフラットなので、サイドバーのフラット化はこれでOKです。

サイトヘッダーと記事カードもフラット化

サイトのヘッダーもフラット化
記事一覧カードもフラット化

検索フォームにあわせて、「サイトのヘッダーまわり」と「記事一覧カード」も影をなくしてフラット化しています。

記事カードは、マウスを合わせると浮き出てくる仕様です。

大きなSNSフォローボタン

プロフィールのSNSフォローボタン

見やすくユーザーに優しいSNSフォローボタンをつけました。

横2列の大きなボタンなので、スマホからみたときもタップしやすくなっています。

もくじのデザイン

目次のデザイン変更。右下にアイコンを設置

可愛くて見やすい目次に変更するカスタマイズです。

仮想通貨情報サイトなのでアイコンはビットコインのロゴにしましたが、ここには好きな画像を挿入できます。

メリット・デメリットボックス

メリット・デメリットボックス

SANGOのショートコード[box28]をカスタムして、メリットとデメリットを羅列するボックスを導入しました。

箇条書きボックス

箇条書きボックス

FANBOX限定。アレに似てる箇条書きボックスです。

手順ボックス

手順ボックス

手順を説明するためのボックスです。端的に説明したいときに便利。こちらもFANBOX限定で公開されています。

JINのカスタマイズ

nomalogでもくまさんのカスタマイズを使っている箇所があります。

カスタマイズにまだ時間をかけられていないのでSANGOと比べて多くはありませんが、個人的には以下2つはほぼ必須のカスタマイズです。

JINのカスタマイズが増えたときにここも追記していきます。

トップに戻るボタンを大きく

トップに戻るボタン

スマホで表示される「トップに戻るボタン」を大きくするカスタマイズです。押しやすい大きさになりました。

SNSシェアボタンを大きく

SNSシェアボタン

記事タイトルの下にあるSNSシェアボタンを大きくしました。少しだけ押しやすくなってます。

まとめ

紹介したカスタマイズ
  • サイト内検索をフラット化
  • サイトヘッダーと記事カードもフラット化
  • 大きなSNSフォローボタン
  • もくじのデザイン
  • メリット・デメリットボックス
  • 箇条書きボックス
  • 手順ボックス
  • トップに戻るボタンを大きく(JIN)
  • SNSシェアボタンを大きく(JIN)
カズト
カズト
他にも使っているカスタマイズがあると思いますが、ひとまずこれくらいで。本当にたくさんの種類のカスタマイズを公開されているので、きっと使いたくなるカスタマイズが見つかると思います。

SANGOとJINのカスタマイズならfor men(for JIN)を見ておけば間違いありません。

サイトデザインの参考にしてみてください。

この記事のURLをコピーする