海外FXの税金と国内FXの税金の違い【解説】

3 min
おすすめの海外FX取引所ランキング

XMTradingなどの海外FXで得た利益と、IG証券ノックアウトオプションなどの国内FXで得た利益では税金の納め方が全く異なります。

海外FXで得た利益は「海外のFX口座にあるお金」ではありますが、きちんと日本国内で税金を納める必要がありますよ。

この記事では、海外FXをはじめて取引する方向けに「海外FXの税金と国内FXの税金の違い」を解説します。

海外FXの利益も確定申告は必要

海外FXで得た利益も国内FXで得た利益と同様に、日本に住んでいる方については確定申告や納税をする必要があります。

はじめてFX取引をする人は「納税の必要性」を認識していないこともありますが、後々税務署より追徴課税や刑罰の対象となることもありますので、必ず確認しておきましょう。

確定申告が必要になるのは「1年間の利益が20万円を超えた場合」です。確定申告は毎年3月までに、前年1月〜12月分の税金を計算し納税額を確定させることをいいます。

確定申告や納税額の詳細については税務署に確認しましょう。この記事では一般的に知っておくべき知識を解説しています。

海外FXは税率が変動、国内FXは一律20%

国内FX
申告分離課税
一律20%
海外FX
総合課税
利益により税率は変動
15%~最大50%

両者の違いを見ると、国内FXは深刻分離課税、海外FXは総合課税という税金のくくり方が異なります。

国内FXは利益の大小にかかわらず一律20%、海外FXは利益によって税率が変動する累進課税です。

一般的には、1年間の利益が195万円以下の場合は海外FXの総合課税(15%)のほうが税率が低く、330万円以下であれば国内FXと同じ20%となります。

330万を超える利益になった場合は、海外FXのほうが税率が高くなります。

海外FXの税制のメリット

経費を計上できる

海外FXの税金は総合課税のため、FXトレードに必要となった経費を計上することができます。

例えば新調したパソコンやディスプレイ、通信費など、確定申告する際に経費計上すればその分所得から控除されます。

レシートや領収書をとっておく必要がありますが、海外FXの税制のメリットの1つです。

年間利益330万円までなら国内FXより税率が低い

国内FXはどれだけ利益を出しても税率は一律20%ですが、海外FXは利益額により税率が変動します。

195万円以下の利益だと国内FX(20%)よりも低い税率(15%)ですし、195万円から330万円までなら国内FXと同じ税率(20%)です。

加えて、総合課税は所得額に応じて一定の控除が受けられるため、仮に330万円の利益がある場合はそのうち約10万円を控除することができます。

国内FXでは控除ができないため、年間利益330万円までなら国内FXより課税額が低くなるわけです。

FX初心者や少額でトレードする人は海外FXのほうが有利な税制ということです。

海外FXの税制のデメリット

損益通算・損失繰り返しができない

海外FXの税制では、損益通算や損失の繰り返しができません。

海外FXの利益は総合課税のため、1年間で損益決算が完結するためです。

国内FXの税制の場合、1年目に100万円の損失があり、2年目に150万円の利益が出た場合、1年目の100万円の損失を合算して確定申告ができます。

しかし、海外FXの税制では1年目の損失を繰り越すことができないため、2年目の200万円がまるまる課税対象となってしまうということです。

また、国内FXと海外FXのそれぞれの利益や損失を合算することもできませんが、海外FX同士の損益は合算可能なため、

A社で100万円の利益、B社で100万円の損失が出ていれば、確定申告の必要はなくなります。

利益が増えるほど税率が上がる

先述のとおり、海外FXは総合課税のため、利益が増えれば増えるほど税率も上がっていきます。

年間330万円までの利益までなら海外FXの税金の方が低いですが、それ以上の利益が出ると国内FXよりも多くの税金を支払う必要がでてきます。

多くの利益を出せる人は国内FXのほうが有利、初心者や少額で取引する人は海外FXのほうが優しい税制ということです。

年間1,000万円を超える利益を得るようになれば、法人化して節税する方法もあります。

初心者は海外FXがおすすめ

海外FXの税制は総合課税のため、国内FXの「一律20%」と違い少しややこしくなっています。

しかし、年間330万円以下の利益でおさまりそうな初心者や、少額で取引しようと考えている人には海外FXの税制のほうが有利といえます。

また、借金リスクのないゼロカットシステムや、ハイレバレッジ取引など、海外FXならではのメリットもたくさんあります。

確定申告や納税は、一度経験してみればそれほど難しいことはありませんし、経費計上などの知識を身に付ける意味でも、海外FXにチャレンジしてみるのはおすすめですよ。

海外FXをはじめるなら世界的に人気のあるXMTrading(エックスエム)がおすすめです。

カズト

カズト

「ノマログ」編集長

大学を卒業後、クレジット・リース会社で法人営業を2年間→サイト運営で個人事業主として独立。暗号資産歴とサイト運営歴は3年目です。ダイヤモンドZAiの仮想通貨特集掲載、コインテレグラフ寄稿、CryptoTimes主催イベント登壇、BITDAYS主催イベント登壇など

国内FX・海外FXを利用するにあたり、正確な情報を収集し自分に合った優良FX会社を選ぶことは大変です。ノマログFXでは、会社の信頼性、取引スペック、口コミなどを比較調査し、安心してご利用いただけるFX会社の情報を提供しています。

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:

海外FXおすすめランキング

GEMFOREX(ゲムフォレックス)

GEMFOREX(ゲムフォレックス)
  • ニュージーランドFSPの金融業者登録
  • 日本語サポート完全対応
  • MetaTrader4に対応
  • 追証なし
  • 最大レバレッジ1000倍
  • ロスカット維持率20%
  • スキャルピングOK
  • 自動売買ツール使い放題
  • 定期的な口座開設・入金ボーナスキャンペーンを実施

FXGT

FXGT
  • セーシェル金融庁(SC:FSA)の金融ライセンス取得
  • 日本語サポート完全対応
  • MetaTrader5に対応
  • 追証なし
  • 最大レバレッジ500倍
  • ロスカット維持率50%
  • スキャルピングOK
  • 定期的な口座開設・入金ボーナスキャンペーンを実施
  • 暗号資産(仮想通貨)の入金対応
  • ビットコインやイーサリアム、リップルが取引可能
  • BTCも為替も同じ口座でOK

XMTrading(エックスエム)

XMTrading(エックスエム)
  • セーシェル金融庁(SC:FSA)の金融ライセンス取得
  • 日本語サポート完全対応
  • MetaTrader4に対応
  • 追証なし
  • 最大レバレッジ888倍
  • ロスカット維持率20%
  • スキャルピングOK
  • 口座開設で3000円のボーナス・入金ボーナス実施
  • 10年以上の運営実績
  • 日本で人気No.1の取引所
関連記事