ガジェット

【レビュー】iPad Proのスマートキーボードはほとんどの人には不要

iPad Pro 10.5インチをより活用するために、Apple純正のスマートキーボード(Smart Keyboard)を購入しました。

iPad Proに装着して使えるハードウェアキーボード。

iPad Proは昨年購入し、YouTubeの視聴やTwitter、Webサイトの閲覧などのビューアーとして使っていました。

これらのコンテンツを消費するためのデバイスとしてiPad Proは大変優秀です。

バランスのとれた美しいディスプレイと薄い筐体に、指紋認証のついたホームボタン。今後数年は最前線で使えるスペックで、タブレットとしては現状最高のデバイスです。

しかしながら、専業アフィリエイターとして独立して半年、出先でもっと手軽にブログの更新をできないものかと悩んでおりました。

カズト
新しいMacBook Proを購入するのも良かったけど、結構値が張るし…

そこに、Twitterで「iPad Proをブログ更新用デバイスにすればいいんじゃない?」とアドバイスをいただき、iPadをアウトプットにも使ってみることにしました。

すべてがうまくできるか

すべてがもっとうまくできる。
この一枚で。

AppleはiPad Proをこういうキャッチコピーで宣伝しています。もはやパソコンはいらない、iPad Proさえあれば仕事ができる。

Appleが言うならそうなんだろう。さっそくスマートキーボードを使ってみました。

1ヶ月使用した結論:iPad ProはMacBookになり得ない

1ヶ月間の使用の結果、iPad ProはPCの代替にはなりませんでした。

iPadでメールの返信はできるし、Twitterの更新もブログの編集も少しであれば問題ありません。

iPadはMacBookよりも立ち上がりは早いです。指紋認証で2秒あれば目的の作業に戻ることができますし、バッテリーもPCの比にならないほど持ちます。

マルチタスクもSplit View機能でサクサクできるし、たしかにAppleの言う通り、PCに近い感覚で使えました。

ただ、トラックパッドやマウスが無いことによる効率の悪さと、キーボードの幅の狭さによるタイピングミスはどうしても払拭できませんでした。

トラックパッドは必要だった

トラックパッドやマウスは、平成が終わる今もなお最善の操作方法です。これは私にとってはまだ必要でした。

iPadにはGoogleCrhomeを入れられるし、メモアプリも画像編集アプリも、SNSアプリもiOSに最適化した優秀なものが揃っています。

十分便利なんです。便利なんですけど、
MacBookのようにマウスやトラックパッドでカーソルを動かして操作することはできないので、範囲選択やファイルのドラッグなど細かい場面で不便を感じました。

画面へのタッチが面倒

スマートキーボード+iPad Proを併用する場合、
キーボードでパチパチとタイピングをし、画面にタッチして操作します。これが面倒なんです。

マウスとキーボード、あるいはトラックパッドとキーボードの組み合わせであれば、指の移動範囲が狭くてすみます。画面に手を伸ばす1つの動作の有無には超えられない壁がありました。

カズト
iOSとmacOSの違いかもしれませんが…いずれにせよiPadでは補えません

MacBook Proにはキーボードのファンクションキーの代わりにTouch Barが搭載されています。

タッチパネルにせず、画面まで手を伸ばす必要が無いこの位置にTouch Barを設置したのは正解なんじゃないでしょうか?

スマートキーボードの良いところ

iPad ProがPCの代替になることはありませんでした。だからといって、スマートキーボードが使いづらいわけではありません。

ここからは、スマートキーボードの良かったところを紹介します。

打鍵感が良い

一番大事な打鍵感(キーボードの押し心地)は問題ありませんでした。

キーボードの素材はポリウレタンとマイクロファイバー。キーの間に隙間がないことで、コーヒーや水をこぼしても壊れない耐水性を持っています。

はじめはキーが少し硬いかなと思いましたが、慣れてくるとパチパチと高速で入力できます。

Apple Storeで試し打ちすることもできるので、気になる方は店頭で触ってみてはいかがでしょうか。

カズト
MacBookのキーボードとは全く違う打鍵感です。

ショートカットが便利

ショートカットキーCommand + Shift + H ホーム画面に戻る
Command + Tab アプリの切り替え
Command + スペース Spotlight検索画面の表示/非表示

https://www.ipodwave.com/ipad/howto/smart-keyboard-shortcut.html

iPad Pro+スマートキーボードを組み合わせることで、ショートカット操作が可能になります。

アプリの切り替えやSpotlightの表示、各アプリ毎に割り当てられたショートカットが使えるのは便利ですよ!これに慣れれば、ほとんどタッチせずに操作することも可能なのかもしれません。

充電不要!ペアリングなしで使える便利さ

スマートキーボードは、iPad Proの側面にある磁石にパチっと装着するだけで使えるようになります。

給電もこの部分から自動的に行うため、ペアリングや充電(または電池の取り替え)の必要はありません。

iPad Proのカバーにもなる

スマートキーボードを使わないときは、閉じてiPad Proを保護するカバーとして使うこともできます。

キーボードを一緒に挟んでも厚さが気になることもなく、スマートカバーを装着しているときと比べて鬱陶しいと感じることもありませんでした。

カバーとして使うときも磁石で装着しているので、キーボードを使いたいときはササっと開いくだけ。ストレスフリーです。

この辺りの一体感というか統一感は、Apple以外のメーカーが作ったサードパーティ製には無い良さだと思います。値段が納得できて、かつキーボードが使いたいならApple純正をおすすめします。

スマートキーボードの残念なところ

Google日本語入力を使いたい

キーボードで長文を書くようになると、ソフトウェアの違いも気になり始めます。

iOS標準で搭載されているキーボードは、macOSと比べて賢くありません。最新のmasOSについているライブ変換も使えませんし、変換機能そのもののレベルが低いです。

長い文章を書くとここに不満を感じました。

カズト
ATOKやsimejiなどのサードパーティ製のアプリを使うことはできるため、評判を調べながらいくつか試してみようかと思います

キーピッチが気になる

また気になる点として、10.5インチなのでキーピッチ(キーの幅)が狭いことが挙げられます。

このサイズのiPad Proに合わせるためには仕方ないのですが、本格的にどっしり構えて文章を打ちたい人には少し小さく感じてしまうかもしれません。

中には、10.5インチiPadに12.9インチのスマートキーボードを使う猛者もいるそうです。サイズはぴったり合いませんが、操作感は間違いなく良さそう。

値段が高すぎる

スマートキーボードはiPad Proと合わせて使うキーボードとしては非常に優秀で、せっかくProを買ったんだからこれを使わないのはもったいない!と思うほどのクオリティです。

ただ、やはり値段が高すぎる。税込で1万8000円超えは正気ではない。

スマートキーボードに限らず、Apple製品のアクセサリ類が高額なのは以前からです。iPad Proのスマートカバー(ただのカバー)もレザーを使用したものは1万円弱します。

それにキーボード機能までついてしまえば、1万8000円もしょうがないのかなとも思いますが…

値段が許せるならスマートキーボードで良い

値段は高いですけど、スマートキーボードを購入するか、他の安いサードパーティ製のキーボードを使うかを選ぶなら、私は前者を選びます。

ただし、iPad Proをあくまでビューアー用として使う人。YouTubeやWebサイトをみたり、2chやTwitterを使う程度であれば、そもそもハードウェアキーボードは不要では無いでしょうか。

そういう方は、試しに数千円で買える安いキーボードから使ってみても良いかもしれませんね。

あくまでiPadはサブ機

ブロガーやライター、大学生など普段から文章を書く機会が多い方にはおすすめできますが、その他90%以上の方は画面上のソフトウェアキーボードで十分だと思います。

あくまでiPad Proはサブ的な扱いで、本格的に文章を書くならMacBookやPCを使うほうが効率的です。iPad ProをPCのように使おうと考えている方は、参考にしてみてくださいね。

以上、iPad Proのスマートキーボードのレビューでした。

この記事のURLをコピーする