おトク情報

【JCB草】JCBカードWとは?ポイント高還元率のJCBオリジナルシリーズ【39歳以下】

JCB CARD W

JCB CARD Wとは、JCBが発行するオリジナルシリーズのクレジットカードです。年齢制限があり、39歳までの方が申し込むことができます。

大学時代に作った「楽天カード」を長年利用してきた私ですが、「JCB CARD W」を発行して以降はほぼこの一枚だけを使っています。

インターネット上では「JCB草」「JCB草カード」などと呼ばれているJCB CARD Wですが、いったいどんなクレジットカードでどのような特徴があるのでしょうか。

この記事では、JCB CARD Wについて解説していきます。

カズト
以前クレジット・リース業界の会社に勤めていたこともあって、クレカ事情は人並みより詳しいと思います。ぜひ参考にしてみてください!

現在キャンペーンを実施中で、2019年12月31日までに入会すると、入会後3ヶ月の間ポイントが10倍(還元率5.0%)が付与されます。

 

また、Apple PayかGoogle Payに登録してJCBカードを利用すると、20%のキャッシュバック(最大10,000円バック)されるキャンペーンも実施しています。

JCB CARD Wとは

使いやすさ
ポイント還元率
ボーナス提携先の多さ
保険や特典など
総合評価
年会費無料
申込対象18歳以上39歳以下で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。または高校生を除く18歳以上39歳以下で学生の方。
旅行損害保険海外:最高2,000万円(※1)
国内:―
ショッピングガード保険海外:最高100万円
国内:―
追加可能なカードETC
QUICPay
家族カード
スマホ決済Apple Pay
Google Pay

(※1)JCB CARD W、JCB CARD W plus Lで事前に「搭乗する公共交通乗用具」または「参加する募集型企画旅行」の料金をお支払いになった場合、海外旅行傷害保険が適用されます。

「JCB草カード」には、「JCB CARD W」と「JCB CARD W plus L」の2種類があります。

①JCB CARD W

JCB W CARD
JCB W CARD

ノーマルのJCB CARD Wは、年会費無料でJCBオリジナルシリーズの通常のポイントの2倍が貯まるクレジットカードです。

JCBオリジナルシリーズでは今まで高還元率のクレジットカードが無かったので、JCB草の登場は当時、「ついにJCBもポイント還元にシフトした」と業界を驚かせました。

ポイント還元率はどこで使っても1.0%、AmazonやセブンイレブンでJCB CARD Wを使うと還元率2.0%になります。

カズト
実は、セブン&アイ発行のクレジットカードの1.5%よりも高い還元率なんです。Amazon.co.jpについても、JCBマイページ経由だとAmazonMasterCard+プライム会員と同一の還元率。

②JCB CARD W plus L

JCB CARD W plus L
JCB CARD W plus L

JCB CARD W plus Lは、JCB CARD Wのサービスに加えて、女性に嬉しいサービスが追加されたクレジットカードです。

女性疾病保険が月払保険料290円〜加入できるのと、「お守リンダ」という手頃な掛け金で入れる保険も用意されています。

JCB CARD Wとの違いは女性専用保険くらいなので、男性の方は通常のJCB CARD W、女性の方はとりあえずJCB CARD W plus Lにしておいて良いと思います。

JCB CARD Wを今つくるメリット

スマホ決済で20%キャッシュバック

JCBのスマホ決済キャンペーン
JCBのスマホ決済キャンペーン

2019年8月16日〜12月15日

期間限定ですが、JCB CARD Wは、JCBが現在実施中のスマホ決済で20%キャッシュバックキャンペーンの対象でもあります。

参加方法
  1. Apple Pay、Google Payをスマホに設定
  2. キャンペーン参加登録をする
  3. Apple Pay、Google Payで支払い

カード1枚あたり10,000円までキャッシュバックされるので、50,000円分のQUICPayを使えばまるまる恩恵を受けられますね。

新規入会限定ポイント10倍

新規入会限定ポイント10倍
新規入会限定ポイント10倍

2019年7月1日〜2019年12月31日

また、JCB CARD Wに今入会すれば、入会後3ヶ月間のポイントが10倍(還元率5.0%)になるキャンペーンも実施されています。

年末にたくさんお金を使う場面が出てきますから、このタイミングにJCB CARD Wをつくっておトクに買い物してみませんか?

ポイント還元率

JCB CARD Wのポイント具体例
JCB CARD Wのポイント具体例

先ほどもお伝えしましたが、JCB CARD Wのポイント還元は他のJCBカードの2倍で、どの支払いに対しても1.0%の還元率でポイントが返ってきます。

その上、提携しているポイント優待店で使うことで、次のように還元率が上昇していきます。

ポイント優待店の例
  1. スターバックスチャージ:5.5%
  2. セブンイレブン:2.0%
  3. Amazon.co.jp:2.0%
  4. 昭和シェル:1.5%

具体例の一部ですが、セブンイレブンやスターバックスをよく利用する人ならかなり大きいですよね。

JCB上位カードのインビが期待できる

カズト
わざわざJCB草を使わなくても、高いポイント還元率のクレジットカードは他にもありますよ!

楽天カードやオリコカードなどがその代表例で、実際にこれらのクレジットカードは使いやすく、バンバンポイントが貯まっていきます。

実際に私も楽天カードのヘビーユーザーだったのですが、JCB CARD Wに乗り換えた最大の理由は「JCB上位カードへのインビの可能性がある」ことでした。

提携カードを何年使おうがJCB THE CLASSは入手できない

JCBの上位カードには、JCBゴールドカードやJCBプラチナカード、そして最上位カード「JCB THE CLASS」があります。

JCBゴールドやJCBプラチナは自分で申し込みすることができますが、JCB THE CLASSはJCBでの利用実績を作ってJCBからの招待(インビテーション)が来ないと発行できません。

また、JCBは自社の利用実績を重視するため、JCBオリジナルシリーズをコツコツと使っていくことで上位カードが手に入りやすくなるのです。

JCB THE CLASSは年会費54,000円という高額なクレジットカードですが、その分受けられるサービスも物凄く充実しています。

カズト
今どきクレジットカードにステータスなんて無いに等しく、持っているからといってカッコいい時代はとうに終わりました。

そうはいっても、どうせ同じ金額を利用し、同じポイントが貯まるのであれば、私はJCBに利用実績をつくっておきたいです。そういう意味では、「JCBオリジナルシリーズの高還元率カード」というのがとても重要です。

カードの利用実績(クレヒス)とは

クレジットカードを利用してきちんと引き落としがされると、CICという信用情報機関に「このお客さんはちゃんと支払いができる人」という記録を残します。

どんどん蓄積されていくこの利用記録を「クレジットヒストリー(クレヒス)」を呼びます。

JCBや三井住友カードなどのクレジットカード会社は、このクレヒスを参考にカード発行の審査や利用限度額の決定をしているのです。

カズト
クレヒスが一切残っていないお客さまのことを「スーパーホワイト」などと呼び、ローンの審査などに悪影響を及ぼします。

これは、「この人は最後まで支払いができる能力がある」と判断できる実績が無いからです。

大学生の方や20代前半の若い方は特に、今のうちにクレカを使って信用をつけておいたほうがいいですよ。

まとめ

JCB CARD Wのメリット
  • 入会後3ヶ月は還元率5.0%
  • Apple PayかGoogle Pay利用で最大10,000円キャッシュバック
  • 通常時の還元率も1.0%と高水準
  • JCBの利用実績が残り、上位カードのインビチャンスがある

一言でまとめると、「高還元率のクレジットカードなのにJCBオリジナルシリーズの恩恵が受けられる」カードだということです。

日常生活でセブンイレブンやAmazon、スターバックスを利用している方や、将来JCB THE CLASSやプラチナカードを発行してみたい方、JCBオリジナルシリーズに魅力を感じる方はぜひチェックしてみてください。

カズト
VISAカードもつくりたい方は、(カード発行が来年1月になりますが)Visa LINE Payカードもチェックしてみてくださいね。

この記事のURLをコピーする