SEO対策

【ワードプレス高速化】エックスサーバーとロリポップの高速化設定

サーバーの設定でサイト高速化

ワードプレスの高速化というと、画像を圧縮したり、CSS・JavaScript・HTMLなどの最適化プラグインを入れる方法が一般的ですが、サーバー側でも高速化を設定することができるんです。

この記事では、近年新しく機能追加された「エックスサーバー」「ロリポップ」の高速化設定を紹介します。

ロリポップのコンテンツキャッシュ機能

ロリポップのコンテンツキャッシュ
ロリポップのコンテンツキャッシュ

まずはロリポップの高速化設定です。

お客様のウェブサイトの表示内容を、「コンテンツキャッシュサーバー」に一時的に記録(キャッシュ)し、同じウェブサイトにアクセスがあった場合、コンテンツキャッシュサーバーから応答します。

サーバー側でWEBページの要素を一時保存することで、表示速度が速くなる機能です。完全に無料・誰でも設定できるので、特別な理由がない場合は必ず設定しておきましょう。

キャッシュの種類
キャッシュの種類

コンテンツキャッシュ機能には、ワードプレスに特化した「WPキャッシュ」機能と、静的なHTMLサイトをキャッシュする「静的キャッシュ」の2つがあります。

サイトに合った機能を選びましょう。

コンテンツキャッシュ機能を使うことで、次の効果が期待できます。

  1. サーバーの負荷を軽減
  2. WEBサイトを高速・安定して表示

サイトを修正したり、新しい記事を投稿したときに、キャッシュが残っていてすぐに反映されないことがあります。今すぐ反映させたい場合は、ロリポップの管理画面からキャッシュを削除しましょう。

コンテンツキャッシュ機能の設定方法

コンテンツキャッシュ機能の設定はワンクリックでできます。

コンテンツキャッシュの設定方法
コンテンツキャッシュの設定方法
コンテンツキャッシュの設定方法
コンテンツキャッシュの設定方法
コンテンツキャッシュの設定方法
  1. ユーザー専用ページにログインする
  2. 「コンテンツキャッシュ設定」を開く
  3. コンテンツキャッシュの有効/無効の切り替え
  4. このページで「キャッシュ削除」も可能

エックスサーバーのXアクセラレータ機能

エックスサーバーのXアクセラレータも、ロリポップ!のコンテンツキャッシュ機能と同じく、大幅にWEBサイトの表示速度パフォーマンスを向上させることができます。

当機能のご利用により、Webサイトの表示速度を向上させるとともに、同時アクセス数を大幅に拡張することが可能で、最大で10倍以上(※)のサイトパフォーマンスを実現します。

※エックスサーバー内の同一構成サーバーにおける、1秒あたりのCPU使用量の比較によるもの。

Xアクセラレータの設定方法

Xアクセラレータの設定もワンクリックでできます。こちらも完全に無料・誰でも設定できるので、特別な理由がない場合は必ず設定しておきましょう。

Xアクセラレータの設定
Xアクセラレータの設定

サーバーパネルにログインし、「Xアクセラレータ」をクリックし、対象のドメインを選択します。

同じく「ブラウザキャッシュ設定」もオンにしておきましょう。手順はXアクセラレータと同じです。

Xアクセラレータの設定
Xアクセラレータの設定

Xアクセラレータ設定の「変更後の設定」から設定します。

ワードプレスでブログを運営している場合は「ON [静的ファイル](推奨) 」でOKです。

Xアクセラレータの設定方法
  1. サーバーパネルにログイン
  2. 「Xアクセラレータ」を開く
  3. 変更するドメインを選択
  4. 「変更後の設定」から選択

まとめ

  • エックスサーバーのXアクセラレータ機能
  • ロリポップのコンテンツキャッシュ機能
  • 反映までには10分〜15分かかる
  • 記事修正などが反映されない場合はキャッシュ削除

エックスサーバーやロリポップを使っているなら、これらの設定をしない手はありません。この機会にサーバーの設定を見直してみてください。

この記事のURLをコピーする