おトク情報

Visa LINE Payカードとは?LINE発行のクレジットカード【東京2020オリンピック】

Visa LINE Payカード

Visa LINE Payカードとは、LINEが2019年10月下旬以降に申し込みを受付開始するクレジットカードです。

今のところ限定の「東京2020オリンピック」デザインのクレジットカードのみ発表されています。

カズト
カズト
Visa LINE Payカードはまだ予約受付前のため、カードの発行が最短で2020年1月になります。今すぐクレジットカードを作りたい方はJCB CARD Wがおすすめです。

この記事では、「Visa LINE Payカード」の詳細をご紹介します。

この記事の内容
  1. Visa LINE Payカードの特徴
  2. LINE Payとの違い
  3. 申し込み受付期間

Visa LINE Payカードとは

東京2020オリンピックエンブレムデザイン
東京2020オリンピックエンブレムデザイン

正式名称は「Visa LINE Payカード」で、初年度3%還元のLINEが発行するクレジットカードです。

赤色と青色のデザインが発表されています。

初年度のポイント還元率3

Visa LINE Payカードのポイント還元率
Visa LINE Payカードのポイント還元率

Visa LINE Payカードが発表されたときに注目されたのは「初年度のポイント還元率3%」です。LINE Payのアカウントに紐付けすることでポイント還元が受けられます。

還元上限はなく、いくら使っても3%のポイントが返ってきます。この還元率はクレジットカードでは驚異の数字です。

一般的にはクレジットカードの還元率は0.5%〜1%といわれており、Visa LINE Payカードは少なくとも3倍以上のポイントがつくこととなります。

初年度年会費は無料で、2年目以降は1,250円(税別)がかかります。ただし、年間1回以上の利用があれば2年目以降も年会費はかかりません。

LINEで利用通知が届く

Visa LINE Payカードでは、決済と同時にLINEのメッセージで支払い通知が届きます。

  • 使ったお店
  • 決済時間
  • 金額
  • 獲得ポイント

使いすぎ防止のほか、不正利用がされたときもすぐに気付くことができますね。

LINE Payとの違い

利用できる店舗が違う

コード決済のLINE Payとの大きな違いは、利用できる店舗の数です。

LINE Payを使えるのコード決済に対応した店舗のみです。最近は店舗も増えてきましたが、クレジットカードの利用店舗と比較するとまだまだ少ないのが現実です。

Visa LINE Payカードは世界中のVISAの加盟店で利用できるため、「VISAのロゴが貼ってある店舗ではどこでも使える」ということになります。

チャージ不要

LINE Payを使うには、事前に残高をチャージする必要がありましたが、Visa LINE Payカードはクレジットカードのため、チャージ不要で買い物ができます。

LINEのメッセージで決済通知も届くし、LINE Payの決済履歴で確認することもできます。

クレジットカードで心配な使いすぎ防止&不正利用の防止にも効果的ですよね。

申し込み開始と発行日

2019年10月下旬以降に申し込みを受け付けると発表されています。

先着順になるとのことなので、LINE Payアカウントを友だち登録して申し込み開始のお知らせを受け取れる状態にしておきましょう。

審査が完了してクレジットカードが発送されるのは2020年1月目処とされています。

申し込みは10月ですが、実際に手元に届くのは早くとも2020年1月になるんですね。

まとめ

Visa LINE Payカードとは
  • 2019年10月下旬に申し込み受付開始
  • 東京2020オリンピックの限定デザイン
  • サービス開始から1年間は還元率3%
  • LINEで決済の通知が届く

この記事のURLをコピーする